岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

血球検査にて

院長 / つぶやき / 2022.9.2 10:34

白血球分画というものがあります。

一般的に「総白血球数が多くなっていれば感染または炎症がある」と判断されますが
これはこれで間違いではないです。
ただし我々が検査をするにあたっては厳密な解釈が必要ですので
総白血球数の増加がある、だけで終わってはいかんだろうと思ってます。

とは言え私自身最初からそうしていたわけじゃありません。

学生時代、実習にて血液塗抹染色を行い顕微鏡で白血球分画を測定するということを
当たり前にやっていました。
しかし卒業して現場に出てからは全くそれをしないことを目の当たりにして

「それでいいんだ」
と納得してしまっていました。

確かに塗抹染色を行うのは手間がかかりますから
要するに「面倒くさい」わけです。
他にしなければならないことがたくさんありますので。
という生活をしてましてから開業したわけです。
そうなると今までしてきたことが「常識」となってしまいますので
塗抹染色など記憶の彼方に飛んで行ってしまいました。

それから数年経過し勉強しようということで
とあるセミナーに参加させてもらいました。
そこで久しぶりに塗抹染色の話がでてきて
これが検査においていかに重要なことかという記憶が蘇りました。
帰ってきてから塗抹標本の作り方を思い出しながら
染色も行いながら
顕微鏡をのぞき込んで白血球の形態を思い出しながら
とにかく面倒がらずに血液検査において塗抹染色を作ることを
「当たり前」にしました。

少しやってみると元々体に染みついた作業ですので
対して時間も掛からないことに気づき
また検査してみるとやはりとても重要な所見が取れることに気づきます。

その後血球検査機械も新しいものが出始め
白血球分画を自動で解析するものも出てきました。
当然当院にも営業が掛かってきますが
もうその時には塗抹染色、分画チェックがルーティーンワークになってますので
機械では測定できない、目視でなければわからない事柄について
自信満々ですので営業者をバッタバッタと切り伏せ(笑)
一端気取りとなりました。

塗抹染色は白血球分画だけではありませんで
赤血球の形態や血小板の形態もチェックできますし
赤血球内の感染原虫も確認できます。
機械の便利さには敵いませんけど
目視でしかわからないことも多々あります。

ということで今日も採決後は塗抹標本を作り
パパっと染色して顕微鏡をのぞき込んでいます。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2022年09月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。