岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

水と食事

院長 / つぶやき / 2022.9.16 21:48

どちらに重点を置きますか?

結構多いんですけど
「水を飲んでいるから(食べていないけれど)大丈夫」
と言っている人がいます。

水だけ飲んでいて安心するというのは間違いで
食事は食べているけれど水はあまり飲まない、というのが理想です。

水に固執する人の考えは
「脱水症状にならないこと」
というのが一番のようですが
動物の場合、脱水症状を起こす大きな要因は
下痢・嘔吐そして食事を食べないことなんですよ。

下痢や嘔吐がなくても食べない状態が脱水状態を起こすということです。
この間水だけ飲んでいるというのは
すでに脱水しているから、なんです。

そもそも脱水というのは体の中の水分がなくなっている状態です。
下痢や嘔吐で水分が体からなくなって脱水状態になる、というのは誰しも理解できるでしょう。
しかし食べないと脱水状態になるということをぜひ覚えておいてください。

また水はどれだけ飲んでいてもカロリーは「0」です。
栄養価値は0であるということです。
毎日水だけ飲んでいる状態では体の栄養はどんどんと焼失します。

院内でもよく口にしますけど
「この地球上の生物で物を食べずに生きられるものはいないよ」
「ただしグソクムシは例外」と。

食べることが生きていく上での必要条件です。
水はその次のことです。

また食べる量が日に日に落ちていき
その代わり水を飲む量が増えていくというパターンが
病的状態では一番多いと思います。
これを確認するには
水と食事を同時に目の前に出して
どちらを先に口にするか、でわかります。
正常であれば先に食べてからその後に水を飲みます。
空腹は体が正常であればそれに反応しますが
喉の渇きは我慢が出来ませんから
空腹であっても先に水を飲みます。

日常の中での異変に気付くことが出来れば
重症化や手遅れという最悪の状態にならず治療が出来ると思います。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2022年09月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。