岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

入院か それとも通院か

院長 / つぶやき / 2023.1.19 17:09

入院処置が必要な場合というのは必ず存在するわけで。

例えば僧帽弁閉鎖不全症の場合は、治療マニュアルに明確に記載してあります。
まあ、当然と言えば当然ですけど、「肺水腫」を起こしている状態は入院治療となります。
肺水腫の状態では呼吸不全に陥りますし、早急に適切な処置をしないと死亡しますから。

当院での入院加療が必要と判断するのは
生命にかかわる状態であることは第一ですが
自宅での治療が困難である場合
そして自分で食事がとれない場合 などがあります。
また状態を観察する、検査が必要な場合も入院を勧めます。

生命にかかわる状態というのはわかりやすいでしょう。
自宅での治療が困難である、というのは端的に言えば
投薬が出来ない状態、これは自分で食事がとれない場合と共通します。
食事がとれる状態であれば投薬も可能かと思いますが
食事すらとれない状態での投薬は相当困難ですし
そもそも食事なしで投薬だけするというのは治療とは言いませんし。
食事がとれない状態こそが「病的状態」ですから。
これに該当する事例というのは結構多いのですが
その中でもっとも多い臨床症状は「嘔吐が止まらない」という状態でしょうか。

以前ここで「嘔吐」について記事を書いたことがあるんです。
もうずいぶん前のことになりますが、いまだにそこからの相談コメントが入ってきます。
私からの返信を含めると100件超えている状態です。
それだけ嘔吐で困っている飼い主さんが多いんだろうなと思うと同時に
病院から嘔吐の原因について、あるいは治療について説明がされてないのかな、とも思います。

なぜ嘔吐をしているのか、という原因によって治療方法は変わってきます。
例えば腸閉塞であった場合には緊急手術となりますし
急性腎不全であった場合は声明に関わる緊急事態ですし
急性膵炎でも同様です。

原因を突き止めるためには検査が必要ですが
血液検査だけでわかる病気なんてあまりありません。
例えば腸閉塞の場合は画像診断が必要です。
そういう危険な状態であれば急いで治療に入る必要があるので
そのまま検査入院としてすぐに手術が出来る状態にします。

最近他院からの転院事例で「それって通院で何とかなる病気じゃないよね」というのが多いです。
でも結局入院加療をせず改善しているのでそもそも最初の診断が違っていると思われます。
まあ、元気になったんだからいいか、と思わないではないですけどちょっとねぇ、と。

検査入院では糖尿病が該当します。
糖尿病の診断自体は難しいものではなく時間も掛かりませんが
治療は「インスリン注射」です。
ただまずはインスリンがきちんと効果があるかどうかの確認と
インスリンの投与量の調整が必要なんです。
入院中に何度か採血して血糖値を測定し
時間経過と血糖値の変化についてグラフを作ります。
それ結果を見て最終的にインスリンの投与量を決定するということになります。
これが糖尿病治療の最初のステップとなります。
それから飼い主さんへ注射の仕方を指導して
それを確認してもらったところで退院、自宅でのインスリン注射実施となります。
これらのプロセスは事故を防ぐためと今後の治療コントロール上必須です。

最近は入院させない病院が増えているように思います。
確かに入院となると管理をきちんとしなければなりませんし
時間も取られます。
けどそれは病院だから仕方ないです。
それが仕事ですから。
と、私は思ってますけどね。

でも入院中に新しい発見をすることもあったりして
飼い主さんへ「実はこんなことがあったよ」という会話も出来るようになります。
病状の説明や治療結果について説明するのはもちろんですけど
回復中に見られる仕草は今後こちらにとっても有益な情報です。

当院では昨年は180件以上の入院事例がありました。
手術のためというのが一番多いですけども
体調不良、特に食欲廃絶が多いです。
食べられない状態で通院とか自宅で治療というのは
動物もですが飼い主さんも無理でしょうから。

たまに入院は絶対いや、という人もいます。
そんな時にはもちろん無理やり入院とは言いませんよ。
説得はしますけど最終的には飼い主さんの希望通りにします。
ちょっと残念ですけどね。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2023年01月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。