岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

猫の腎臓

院長 / つぶやき / 2014.4.3 13:32

ウチのスタッフの猫の腎臓検査を行いましたのでご紹介しましょう。

年齢はまだ1歳になってませんで、約11か月齢です。
先日避妊手術を行ったメスです。

私が普段の診療の際に「最近の猫は生まれつき腎臓が小さい」と言っているのを気にしてて
検査をして欲しいと言うことで、強制的に(?)検査をさせられました。

まずは血液検査の結果です。
腎臓の機能を見る場合、まずはこの項目をチェックします。
BUN:21
CRE:1.2
TCHO:157
TP:7.3
ALB:3.3
となりました。

いずれも正常値の範囲内にあります・・・・が
CREの値が1.0以上ありますね。
CREと言うのは、元々筋肉由来の物質で、幼少時はまだ筋肉の発達が未熟なため
血液検査で1.0を超えることはありません。
若い猫(2歳未満)でCREが1.0を超える場合の原因として考えられるのは以下の2つです。
1:食事が悪い 一般的に「粗悪品」と呼ばれるものを与えている場合
2:腎臓が悪い 臨床症状がなくても腎臓は決して正常ではない場合

そして次にレントゲン検査を行いました。


背骨を中心に向かって右側が左の腎臓で、向かって左側が右の腎臓です。
腎臓の大きさを見る場合、基準となるのが腎臓のすぐそばにある脊椎(腰椎)の長さです。
正常な大きさであれば、脊椎(腰椎)の長さの2〜2.5個となるはずですが
ご覧の通り、左右の腎臓いずれも脊椎の長さ2個分にも足りません。
このような状況が、10年以上前から「普通に」見られるようになりました。
通常、年と共に腎臓機能が落ちていきますが、腎臓が小さくなる現象(萎縮)は
早くても7〜8歳、大体10歳ぐらいから始まると言われていますが
ご覧の通り、1歳前後ですでにこの有様なのです。
大きさだけで言えば「老猫」と言っていいでしょう。

次いでエコー検査を行ったので、写真をアップしようと思ったんですが
システムの問題か、うまくアップできませんでしたので結果だけご紹介します。
左右の腎臓とも形状の異常はありませんでした。
機能が落ちてくると形がいびつになるのですが、それはありませんでした。
また内部構造も異常はありませんでした。
そして腎臓内血流も過剰なほどに確認できました。

と言うことで、結論は・・・
今時に多くみられる「生まれつき腎臓が小さい」と言う事と
ただし、機能的には正常に近い状態と思われる事。
ただし、現時点で腎臓に「負荷」がかかっていることは否めないため
食事管理を始めた方が良いと思われる、と言うことです。

こういう猫が今では「普通」にいます。
それゆえ、若いからと言って安心はできませんし
与えるキャットフードに最大限の配慮が必要です。

心配な方は、一度病院で検査(血液・レントゲン・エコー検査)をすることをお勧めします。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

Calendar

<< 2017年06月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。