岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

ホルモン性疾患

院長 / つぶやき / 2019.10.24 16:28

顕著な症状がない分理解されにくいかもしれません。

有名どころだと犬のクッシング症候群、甲状腺機能低下症
猫では甲状腺機能亢進症などがあります。

それぞれ特徴的な症状はあるんですが
急激な変化としては「ない」のでわかりにくいということと
特にクッシングと甲状腺機能亢進症では
食欲増加、と言うことも多々見られるので
まさかその食欲旺盛さが病気のせいとは思わないですね。

とは言えいずれの病気もホルモン性疾患ですので
影響は体中すべての臓器に及びます。
それぞれの臓器がジワジワと障害されるので
いわば真綿で首を絞めると言う状況ですね。

治療方法はそれぞれ確立されているので
それに準じて行えばいいんですけど
問題なのは「治らない」と言うことですね。
また治療費の問題もありまして
特にクッシングでは治療薬が一般的な薬剤と比べると
結構高価になります。
これも治療継続が難しい原因の1つかもしれません。

ただいずれも高齢犬・猫でよく見られる疾患ですので
高齢になってから真綿で首を絞めるってのも
どうなの?と思います。
年を取ってからは出来るだけ「楽」な生活を送ることが出来れば
それが一番いいんじゃないの、と思います。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2019年11月 >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。