岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

原因追究

院長 / つぶやき / 2019.11.27 22:20

症状から探っていくだけではすぐにはわかりません。

例えば「食欲がない」。

これの原因を探ると言うのは非常に困難を極めます。
もちろんすぐにわかる場合もありますが
その場ですべてがわかるかと言うとそんな簡単な事ではないんです。

検査をすればわかるか、と言うことについては
「半々」と答えます。

最も確実にわかる方法は
「観察」です。

例えばこんな事例がありました。
「元気がなくなった」 その後数日して
「食事を食べなくなった」
「それと同時に血便があった」
「嘔吐はない」

これが稟告でした。

年齢・性別そして過去病歴を参考にして
疑わしい「臓器」を探ります。

病気は最終的なものなので
どの臓器に原因があるのか、を探っていくわけです。
ただ大元の元凶にたどり着くまでに
他の臓器が引っかかってきます。
それが原因だと思いがちなんですが
実はそれが原因ではなく
もっと奥底に隠れている場合がたまにあるんです。

この作業は例えて言うなら
張り付いた薄い紙を破らないようにゆっくりと
そして手早く剥がしていくんです。
もたもたしていると治るどころか命が危ないと言うことになってしまうかもしれません。

そのためには「入院」の元で観察することが一番近道なんです。

「みる」と言う言葉は様々な漢字がありますが
「見る」
「診る」
「観る」
「看る」 などなど。

全ての「みる」を総動員します。
そして最も重要な作業は
「みる」のは「目」ではなく「頭」で行うことです。

目は単なる感覚器です。
例えば同じものをみても
人によっては違う感情・感覚を示します。
それは頭の中の解析が異なるということです。

実はこの作業が最も好きです。
手術も嫌いじゃありませんけど
頭をフル稼働させている瞬間
多分時間にするとわずかなものなんですが
不謹慎かもしれませんんが
楽しく感じます。

最終的に診断がついた時には
原因が分かった瞬間ですが
一気に勝負、つまり適切な治療が出来ます。

動物病院の場合、多くは「急に」悪くなったものではありません。
時間がかかっていることがほとんどなので
他の臓器までダメージを受けてしまっているんです。
それゆえ診断から治療へ入るには
出来るだけ短時間で行わけなればならないわけです。

言葉ですべてを説明するのはなかなか難しいんですが
これが「診断」という作業です。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2019年12月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。