岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

心臓疾患

院長 / つぶやき / 2019.12.23 20:07

どうも最近・・・

他院からの転院事例ですが、当院来院時に検査・検診をすると
とんでもなく心臓が悪いと言うことが続いています。

『前の病院で心臓の事言われてないの?』

何度もこのセリフを口にすることになるんですが

「心臓に雑音がある」とか「雑音はない」とか
時によって言われることがコロコロ変わるようで
それはそれで飼い主さんも何のことだかわからないでしょう。
ただ「心雑音」があるといいつつそれで終わり、では
獣医の方もなんのこっちゃわかってないんじゃないの、と思います。

中には聴診器を当てず、手を当てて
「大丈夫」と言い切った獣医もいたと聞いた時には
笑っていいやらあきれていいやら・・・

心臓の音を聞く、と言うのは視診聴診触診と言う
基本手技の1つです。
当然ですが聴診は聴診器を使うものです。
手を当ててわかるのは心雑音が強くなった時にでてくる
スリルと言うものであってこれがわかった時には
心臓が相当悪いよね、と言う時ですので。

心雑音がある、と口にしたのであれば
次にするべきは心臓エコー検査ですし
胸部レントゲン検査です。

心臓エコー検査によって心臓内の弁の動き・状態を
血液の流れを確認します。
時間をかけて心臓の状態を詳しく見ることも出来ます。
胸部レントゲンでは心臓の大きさがすぐにわかりますし
心臓へ繋がっている大きな血管の状態、そして
肺野の状態がわかります。
これらを総合的に判断して心臓のどこがどれぐらい悪いか、
と言うことが言えるようになるわけです。
逆言えば心臓エコー検査と胸部レントゲン検査をしないで
心臓病を語ることは出来ません。

そして最も重要な事ですが
心臓が悪いと言うのに気付かず放置しておけば
適切な処置がなされなければ
何時しか心臓は止まります。
心臓が止まると言うことは即、死を意味します。

「心臓に雑音がある」

このセリフを聞かされた時には飼い主さんは
心臓エコー検査・胸部レントゲン検査が必要なんだと思いだしてください。
獣医師側からこれらの検査が必要だと言われたら
同意してすぐに検査を受けてください。
そうすればきっと長生きできますから。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2020年01月 >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。