岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

歯科に力を入れましょう

院長 / つぶやき / 2020.1.13 22:14

今まで以上に、です。

「口が臭い」と気付いていたらまずは歯周病で間違いありません。
それを放置しておくと口腔内がぐちゃぐちゃになることはもちろんですが
多臓器の疾患を引き起こすと言うことが着々と証明されつつあります。

歯の処置をすると言うことは将来起こるかもしれない病気を未然に防ぐと言うことになりますので
歯石をとる、抜歯をすると言うことは寿命を延ばすと言うことにつながるわけです。

ここまでは去年までやってましたが今年はさらに進んで行きます。

口腔内にいる細菌、特に歯周病を重症化させる細菌がいるかどうか
これを検査していきたいと思っています。

一口に歯周病菌と言っても色々種類があるわけですが
その中で歯周病を重症化させ、なおかつ
多臓器の疾患、特に心臓疾患と絡んでいるとされている細菌が
口に中にいるかどうかを検査するわけです。
さらにこの種類の細菌は人への移行もほぼ確認されています。
つまり動物から人、飼い主さんへ感染が拡大するんです。

これは大きな大きな問題です。
特に乳幼児や糖尿病などの持病がある人そしてご老体
免疫力が低下している場合にはおそらく容易に感染します。

口腔ケアは正確にきちんと行ってこそ意味があります。
それを定期的に行う事で動物の口腔内を清潔に保つことが出来て
さらには将来起こるかもしれない病気の予防が出来て
さらにさらに人への感染を防ぐことになる、と考えてください。

決して大げさではなく現実です。

| comments (3) |

コメント

こんにちは。
「歯ブラシが一番」と思っていましたが、素人が行う場合は一概にそうとは言えないのですね。今まで通り歯磨きシートとジェルで丁寧にやりつつ、診察の際に獣医さんに診てもらい、必要となればスケーリングも考えてみたいと思います。
余談ですが、愛犬のイボらしきものは消え、あれ以降オリモノも出ていません。元気で安心しています。
色々とご相談にのって頂きありがとうございました。

毛利 / 2020.1.23 19:08

| EMAIL | URL | 1RJYxYE. |

毛利さん こんにちは。
仰る通り歯ブラシが一番いいと歯科専門医は言ってますけど、実際にやるとなるとなかなか難しいのが現実だと思います。またブラシを使う場合、人と同じですが、歯と歯茎の境目を磨くことが良いんですが、動物がじっとしていないとダメですから、どうしても歯茎を傷める事例が多いですね。病院内で勧めているわけではないですが相談を受けた場合には指にはめるタイプのものかシート状のものが怪我をしにくくていいんじゃないかなと思ってます。

岡本宏之 / 2020.1.23 16:06

| EMAIL | URL | iBAzvxqo |

こんにちは。
愛犬の歯磨きずっと悩んでいます。以前犬用の歯ブラシ(円筒型に毛が付いている)を使っていましたが、上手に磨くのは難しいですね。ある時、愛犬が奥歯でブラシを噛んでしまい、ブラシの部分が破損してしまいました。結果、円盤状の薄い毛束というか、ブラシの部分を2枚飲み込んでしまいました。(泣)翌日、無事排泄されたので良かったのですが、それ以来怖くて歯ブラシが使えず、毎食後歯磨きシートと歯磨きジェルを使っています。先日「ド●ターワンデル」というジェルの事を知りました。(ご存知ですか?)かなりお高いのですが、それなりの効果があれば…と思って、思わず注文してしまいました。でも一番良いのは歯ブラシですよね。また、歯ブラシに挑戦しようかなぁと思っています。

毛利ゆかり / 2020.1.20 23:20

| EMAIL | URL | hmABV9Uc |

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2020年01月 >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。