岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

猫の口内炎

院長 / つぶやき / 2020.9.24 10:00

治療がなかなか難しいわけです。

主訴は「口が痛くて食べられない」と言うことがほとんどなので
まずはと鎮痛など行いますが、一般的に良く使われるのがステロイド剤です。

猫は犬や人と比べるとステロイドの使用に耐えるとは言われますが
何度も何度も使っているとさすがの猫も限界が来ます。
それゆえ使うにしても「必要最低限」としなければなりません。

では他の方法はというとサプリメントやら色々ありますので
これまでも色々試してきました。
論文や学術雑誌などから情報を収集してきましたが
結局どれが一番いいのかと言うと

「歯を抜く」と言うことになるんですけど・・・

これは最終手段と考えます。

もちろん歯周病の酷い場合には抜歯をしなければなりません。
それは歯周病が口が痛いだけの問題ではなく猫は腎臓、犬は心臓病を
引き起こす、悪化させることがわかっているからです。

歯が大事ですか?それとも腎臓(心臓)が大事ですか?

この選択になりますので当然歯を処置します。


今回また新たな口内炎治療を行ってみました。
数年前にその情報はつかんでいたんですが
なかなか実践する機会がなかったわけです。
今回は飼主さんの了解を得て実施しました。

と言うのもこの治療に使う薬は犬用です。
猫用ではないので、『効能外使用』となります。
この場合は飼主さんへその旨説明し了解を得なければなりません。

法律論です。

それでその効果はというと・・・案外思ったより良かったですね。
歯肉の発赤は明らかに軽減していました。
また痛みのレベルも軽減しているようで
飼主さんからは「痛がらず食べている様子」とのこと。

ただ完治させることはありませんので
当面は治療を継続しつつ経過観察していくことになります。

それでもステロイドではないので副作用の心配がない分
ストレスフリーです。

完治が困難な病気はたくさんありますが
出来るだけ副作用がなく、かつ低コストのものがあれば
それが一番いいんだろうな、と思います。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2020年10月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。