岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

ニュースレター

眼瞼の腫瘤

院長 / ニュースレター / 2014.11.23 00:20

今日は「眼瞼腫瘤」です。
加齢に伴って眼瞼の腫瘍性病変が増えてきます。

多くは良性のものですが、ときに悪性のものもあります。
また感染症が原因のこともあり、その場合は抗生剤の点眼で改善することもあります。
症例の多くは大抵10歳以上ですので、手術前には体の検査が必要です。
手術に関しては腫瘤の周囲をV字に切り込んで切除します。
かつて他院の手術とやらで眼瞼に沿ってまっすぐ切り取っただけ、というのを見たことがありますが、
根っこが残っているわけですからそういう手術では再発必至です。

「根こそぎ取る」
これがあれゆる場面での腫瘍外科の基本です。

今回の症例は13歳でした。
眼瞼腫瘤がだんだん大きくなってきて角膜をこするために眼脂(目やに)が多くなってきたので切除することにしました。


V字に切り込む場合、眼瞼は結構血管が豊富なので意外に出血が多く見られます。


とは言えあまりガチガチに止血処理を施すと傷の治りが悪くなるそうなので、止血も「ほどほど」にとどめます。
また、縫合の場合も裏側へ糸を出してしまうとその糸で角膜を傷つけますので絶対に裏側へは糸を出さないようにします。

また、私は皮膚表面の縫合を細いナイロン糸で縫合しますが、結び目を作ったあとの糸の断端を長めに残します。
そうしておくと抜糸の際に鉗子で糸の先端をつかみやすいからです。

抜糸が済んで毛が伸びてくると傷跡もほぼわからなくなりますので、元の「綺麗な顔」に戻ります。

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2018年12月 >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。