岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

咳を見逃さないで

院長 / つぶやき / 2019.5.28 09:40

心臓病の症状の1つです。

最近は少なくなりましたが、フィラリア症の症状も咳からです。
また近年多くなっています僧帽弁閉鎖不全症も咳からです。

心臓病の場合、咳といういわば唯一と言っていい症状を見逃していると
その間にドンドンと進行して来院時には肺水腫と言うことも珍しくありません。

心臓病と診断した事例では咳に気づいていた飼い主さんは半数程度です。
中には頑として「してなかった」と言い張る人もいますけど
心臓の状態を見れば咳が出ていたかどうかは一目瞭然なのです。
気づいてなかったならそれはそれで仕方ないわけで
時間は戻りませんから。
ただこれから治療するとなった場合、まずは咳が出なくなると言う状態を目指しますし
その後も咳が再び出るかどうかが治療ステージの分類に繋がってきます。

最近は進行した状態で診察する機会が増えています。
咳のみならず、散歩中に倒れたとか
ここまで行くと心不全ですので非常に危険です。

元気そうだった、と言う話もよく聞かされますけど
心臓病が原因で元気そうじゃなくなったと言う場合は
相当進行した状態です。

どんな病気であれ初期症状を呈している時には
一見すると「元気」です。

早期発見早期治療はどんな場合でも重要ですが
心臓病に関しては倒れるような状態になる前に
診察を受けてもらいたいと思いますし
食欲が落ちるまでそのままにしておくと言うのも
止めておいたほうがいいと思いますが。

先日は「喀血」した犬が来院してました。
こちらは飼い主さんは咳には気づいていたようですが
散歩中に失神転倒してから病院に行かれたそうです。
ただ残念ながらレントゲンや心臓エコー検査はされず
原因についてはきちんと診断されていませんでした。
ここは病院側の問題も有ると考えます。

心臓病は完治させることは難しいですけど
症状をコントロールすることはそんなに難しくはありません。
飼い主さんと状況のやり取りをしつつ
適切な検査を交えて治療していけば
天寿を全うすることは十分可能だと
私は思っています。

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2019年08月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。