岡本動物病院

お問合せは0852-31-6119まで

院長のブログ

我が家に犬がやってきた

院長 / つぶやき / 2019.5.30 17:09

犬との生活も久しぶりに再開です。

先代が亡くなって暫くたつんですけどまたいずれ機会があればと思いつつ
時間だけが過ぎて行ってました。

我が家では小学校4年生の時から犬がいない生活と言うのがなかったので
犬がいないな、ということに最初は違和感がありました。
私が獣医師としてこの地に開業してから我が家にやってきた犬たちと言うのは
すべて飼育放棄あるいは出来なくなった犬ばかりで、私のほうから迎えに行ったことはありません。

まあそのうち縁があるだと、と思いつつ1年半が経過してました。
今回はというと前々から次は保健所からだなと思ってまして
丁度狂犬病の集合注射の際に保健所の担当者と一緒になったので
犬頂戴と伝えたわけです。

そして昨日迎えに行ったんです。
声をかけて最初に来たやつって決めてましたので
タッタカタ〜と近寄ってきた犬を貰うことにしました。
そしたら相談が有るんだけどと呼び止められ
多分捨て犬で老犬、しかも持病持ちがいて
こうなるとなかなか引き取ってもらうことが出来ないんだわ、と言うので
その場の勢いで「いいよ」と返事をしました。
ただその時はケージの用意がなかったので
こちらは明日迎えに行きます。

ちなみに昨日我が家に来たのは「野犬」の子犬です。
野良犬とはちょっと違いまして野生に近いと言った犬です。
こういう犬は人間との生活をするという遺伝的情報が欠如してますから
慣れるまでには時間がかかります。
大人しいからと言って油断していると大怪我の元です。

以前四国で崖に張られたネットに引っかかっていて保護された
「がけっぷち犬」と言うのがいましたが
テレビで放送されたことで全国から引き取りたいという人が殺到したらしいですけど
結局飼育が出来ないと言うことで元の保健所に戻ってきた、なんて話もありました。
一時の感情だけではどうにも出来ませんし
そもそも犬が最初から言うこと聞くと思っていること自体が間違いです。
毎日一緒に生活をして世話をして始めて犬がこちらを受け入れるわけで
それにはそれなりに時間と手間をかけないとダメでしょう。
まして野犬となるとそもそもの部分が欠如していますから
ペットショップで売られている犬とはまったく違います。

さて我が家にやってきた子犬ですが
野犬と言う前歴はどうでもいいんでもう感心はありません。
我が家に来たわけですから今後は我が家の一員です。
きちっと親の言うことを聞くようしつけていかねばなりませんが
今のところは好きにさせてます。
まずは家と人間との生活に慣れる事が先ですので
なるべくストレスをかけずに少しずつ色んなことを教えていきます。

今までの犬にはしてこなかったんですけど
今回は抱っこ犬に育てようかなと思ってます。
案外とデレデレになってるんですよ、私が・・・

| comments (0) |

コメント

コメント投稿

【必須】



【必須】

  • トップページ
  • 診療について
  • 当院のご案内
  • 診療時間&交通アクセス
  • 避妊・去勢手術について
  • 検診のご案内
  • スタッフ紹介
  • お知らせ一覧
  • ニュースレター
  • お問い合わせ

院長のブログはこちらから

読み込み中・・・

このサイトはjavascriptを有効にしてご覧ください。また読み込みにお時間がかかる場合がございます。

Calendar

<< 2019年08月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21 Tel:0852-31-6119 (診療時間) 午前 9:00〜12:00 午後 4:30〜07:00 (休診日) 休診日は、日・祝日です。 (注)水曜日午後は手術日としており大きな手術を行っています。水曜日午後と夜間は電話が留守番電話に切り替わります。

当院は診療料金を現金の他、クレジットカード(VISA・MASTER)、WAONで支払いいただけます。

※支払い回数は1回のみです。
※WAONのチャージはできません。